« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月28日 (木)

秋の話題

中秋の名月
今年の「中秋の名月」は満月です。満月の瞬間は9月29日の18時58分だそうです。それは明日ですがとても明るい月明かりが窓から差していて、窓を開けるとまん丸な月。思わす写真を撮ってみました。Img_2642-1024x693
秋の気配
曼珠沙華
Img_2407-1024x692
キンミズヒキ
Img_2599-1024x693
クサギ
Img_2589-1024x697
ゴンズイ
Dsc_4254-684x462

2023年9月27日 (水)

メジロ押し

やっと朝晩涼しくなってきて、秋めいてきました。
鳥達も近くの場所に戻って来はじめました。外に鳥を見に行く気がしなかった暑い夏もとうとう終わり、また近場でバードウォッチングを楽しめる季節が巡ってきました。今日は曇り空で、気温も涼しく、思い切って八国山を歩きました。
モズの高なきを聞きながら尾根道を行くとカラの混群、シジュウカラ、エナガ、メジロ、コゲラ、ヤマガラ、アオゲラ等賑やか。
コジュケイの家族にも会いました。
Img_2418-1024x688
ミズキの木にはエゾビタキ。キビタキも・・・。渡りの最中のしばし休憩でしょうか?

Img_2618-1024x693
Img_2685-1024x695
カケスも2羽通過。

これぞめじろ押し!水場で!
今日はメジロの群れによく会います。水場でも賑やか。
Img_2538-1024x692
めじろ押しだよねー。いっぺんに集まらなくてもいいんじゃない?
Img_2579-1024x695
済んだらかわってよ~。
Img_2533-1024x691
はい、はい。
Img_2577-1024x693
ウッ!、あんた誰?いつの間にまぎれこんだの?
Img_2504-1024x691
センダイムシクイ、ちゃっかり浴びてます!
Img_2507-875x600
メジロの後、ヤマガラも。
Img_2491-1024x692
Img_2463-1024x693
ウグイスは餌取りのようです。虫捕りました。水浴びはせず。
Img_2486-1024x693
ガビチョウも今日は、チョット可愛い!
Img_2587-1024x689
水場は暗く、ISO感度かなり上げても上手く撮れません!撮影はやめて、見ているだけで面白い!

2023年9月25日 (月)

空いっぱいの秋の雲

やっとやっと秋がきました。
とてもつらい暑い夏でした。やっと30度越えのない日々になり、ホッ!。秋の雲は、ウロコ、ヒツジ、イワシ。
買い物帰りの夕方、橋の上で、ポコポコと空いっぱいに広がった夕焼雲にしばし見とれていました。日が落ちると、渦巻くボコボコ雲に。不気味な感じ。反対側には上弦の月。チョット安堵。だんだん満月に向かってます。
Dsc_4274-1024x764 Dsc_4283-1024x768

2023年9月23日 (土)

写真展に行ってきました。

毎年楽しみにしています。
鳥友Yさんの所属しておられる写真クラブの写真展に今年も行ってきました。皆さんのとても良い写真を撮っておられ、楽しく拝見いたしました
Photo_20230925232401
オジロワシ
Dsc_4259-934x834
クロサギとコオリガモ
Dsc_4258-987x660Dsc_4257-560x800
許可をいただいてYさんの作品を載せさせて頂いてます。Yさんは北海道や奄美大島をはじめ、あちこちに撮影に行かれ、写真撮影を楽しんでおられます。ますますのご活躍を期待します。

2023年9月16日 (土)

葛西臨海公園探鳥会

9月も半ば過ぎ、まだまだ30度越えの気温を更新中です。
いつもの定例探鳥会のお仲間で、シギチの観察に行こうと言っていました。しかし、ベストの「渡り」の時期は暑いさなかで、「暑くてとても行けない」というので伸ばし伸ばししていましたが、やっと出かける気分になり、葛西臨海公園観察会を決行しました。少しはシギやチドリが残っているかと期待していましたが、やはりまったくいません。海に遊びに来たかなりの人たちで浜辺は占領されて、舞浜よりの野鳥保護区の奥にアオアシシギ、ソリハシシギ、イソシギをやっと探せた程度でした。その他、ダイサギやアオサギ、コサギなどとカモメ類、大群のウを観察。まあそれだけでも、猛暑で家に閉じこもっていたお仲間たちは、久しぶりの外出でストレス解消になったと満足気味でした。
アオアシシギと大量のカニ軍団
Img_2358-797x537
ウミネコ幼鳥(手前)
Img_2367-1010x675
何とったの?
Img_2369-1024x696
大群のウ
Img_2387-1024x567

2023年9月 9日 (土)

9月定例探鳥会(空堀側)

またまたカワセミです。
昨日は関東に向かってくる台風で強い雨が降りました。台風は関東地方上陸寸前で熱帯性高気圧に変わりましたが、線状降水帯があちこちで発生し、その被害がTVニュースで映し出されています。今朝の観察会の始まりは霧雨程度でした。いつも乾いている空堀川には少し水の流れが残っていて、川岸のアシやススキがなぎ倒されているのは、昨日の大雨で増水した痕跡です。やっと鳥たちも餌を食べに出てこられたのでしょうか、沢山で群れています。と言ってもムクドリばかり・・・。ヒヨドリやシジュウカラは留鳥と言っても、一部は真夏の暑い盛りにはチョットだけ山側の方に移動しています。涼しくなって来たのでそろそろ彼らも元の場所に戻ってくるでしょう。

ムクドリ
電線にこの何倍ものムクドリが連なっています。

Img_2348-990x586
空堀川のカワセミ
カワセミも留鳥で、ここをなわばりとしているのでしょうか、毎回観察できます。今日はいつもカワセミを追っかけて写真を撮っているという親子さんに会いました。小学生かな?鳥とカメラにとても興味があるようで、快活に鳥の知識を披露してくれます。それを聞きながら、Fさんも私も、「昔自分の子供たちと鳥見をしていた頃を思い出すね」と・・・。もう随分昔になりましたけど。
カワセミ幼鳥
全体的に色が薄い、胸のオレンジに黒ずみ、足の赤色が薄い。目が大きめなど。
Img_2262-1024x695Img_2268-1024x693Img_2315-1024x692
Img_2329-1024x692-2
Img_2332-1024x689
Img_2326-1024x693
Img_2278-923x620

2023年9月 5日 (火)

王子神社のカラス

王子神社で七五三祈願
7歳のwちゃんが、王子神社で七五三のお祝いの祈願をしてもらいました。この子の母親も昔ここで祈祷してもらったそうで、私とのび太君も駆けつけ「七五三お祝い」に参加しました。その時に社務所にこの八咫烏(やたがらす)のお守りがあったので、今日の記念に一つ買い求めました、八咫烏は日本神話によると、神武天皇が戦いに向かう途中に道案内をしたと言われている三本足のカラスの事です。また日本のサッカーのにシンボルにもなっていて、サッカー大好きののび太君によると、勝利に導くという願掛けで、シンボルマークに採用されているんだそうです。
Dsc_42412-341x800Dsc_4240-568x800

2023年9月 3日 (日)

9月狭山公園定例探鳥会

まだまだ暑さ続く
今年の夏は35℃越えの猛暑日が続きました。9月に入ってもなかなか涼しくならず、夏鳥のキビタキや、コチドリはいなくなって、ますます鳥影はありません。とは言え、今日はカイツブリの池でカワセミが飛び回り、随分長い間楽しませてくれました。しかし私の写真の技術は進歩がなく、遠くの鳥や、飛んでる姿を撮るにはもう少し勉強が必要と感じています。
2羽今年生まれの兄弟でしょうか。
Img_2157-1024x694
Img_2160-1024x693
Img_2161-915x618
Img_2212-1024x691_20230904101201
Img_2192-1024x690
Img_2206-984x664
カワウ
Img_2239-1024x691
アオサギ
Img_2220-1024x691
その他、ダイサギ、コサギ、ハクセキレイ、コジュケイ、シジュウカラ、ヒヨドリ、など。堤防では人慣れしたカラスが休憩している人のそばのお菓子を狙ってます。ご用心!

ヘクソカズラ
Img_2237-1024x693
クズと仙人草
Img_2243-800x543

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »