« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月21日 (水)

㊿ハーフコート

スタンドカラー、裏付きです。
羽織からのリメイクなので布が十分なくハギが見頃に入っています。裏は少しだけカワイイ布を使いました。着てしまうとわかりませんが、脱ぎ着の際には チョット華やぐ気分です。
Dscf1471-507x640Dscf1478-640x440

2024年2月14日 (水)

恵方巻とバレンタインチョコ

恵方巻は食べません。
キンパは、いろいろな具材を真ん中に置いて、ゴマとごま油を混ぜたご飯を海苔で巻いた韓国の料理です。友達の金(キム)さんが作ってくれました。とても美味しかった。(この前はキムチを作ってくれました。かなりの量の唐辛子で真っ赤でしたが、辛さの中に甘みを感じる本場のキムチでした。)さて海苔巻きに話を戻しましょう。近頃は「恵方巻」が流行っています。節分にある方角を向いて黙って1本かぶりつく、なんと滑稽な食べ方でしょうか。子供の時から私の周りでは恵方巻を食べる風習はなく、たぶん海苔屋さんやスーパーの商業戦略で近頃はやらせていると思っているので、私はあえて食べません・・・。
Dsc_4637
バレンタインデー
これも商業戦略と思っている。この日は大張り切りして義理チョコをあっちこっち配りまくる嫁と孫娘、夫とパパにはいつも忘れているらしい。そう聞いて、今日は特別に人だかりのチョコレートショップで、息子と
孫のさっちゃんにチョコのケーキをお土産に買いました。もらえないのはかわいそうだから・・・。

2024年2月13日 (火)

今年は暖冬です。

秋ヶ瀬公園
今年の冬は厳しい寒さの日もあるけれど、どちらかと言えば暖冬。そういえば、我が家の庭に置いたバケツの水が凍った日があまりなかったきがする。このところ(2月半ばなのに)4月並みの暖かい日が続いていて、外に出かけたくなる気分。で、秋ヶ瀬公園に行って見ました。
レンジャクのうわさもちらほら・・・。カメラを持った人が、40~50人はウロウロしてました。みんなレンジャクを期待しているのでしょうか?私は森の中を少し歩いてみました。
オオタカ
突然オオタカが飛んで来て、近くの木に止まりました。枝かぶりでしたが・・・。
Img_1708-1024x694
エナガも良く動きます。

Img_1719-1024x695 Img_1716-1024x692
ルリビタキ
Img_1685-1024x692
その他モズ、シメ、コゲラ、カラ類、メジロなど。

2024年2月10日 (土)

マイフィールドの探鳥会。

マイフィールドで定例の探鳥会を再開する。
やっとコロナ前の状態に戻り、みんなで散歩をすることが出来るようになりました。その間に沢山の木が切られ、草もきれいさっぱりに刈り取られて、以前とは違う殺風景なmyフィールドになってしまっています。鳥の隠れる場所がない状態です。心配しながら歩きましたが、うれしいことにビンズイが数羽楓広場で見られましたし、ツグミ、キセキレイ シメ、ジョウビタキなども観察できました。しかしカラスの数が多いのがびっくりです
Img_1587-1024x691
Img_1570-916x625
ジョウビタキ、♀
Img_1575-1024x692_20240213005901
神社のルリビタキ
また同じ場所にやって来ました。神社境内がなわばりのようです。
Img_1651-1024x690
Img_1668-1024x695
シロハラ、頭に白い斑があります。
Img_1629-1024x692
メジロ。とにかく花の蜜が好き!
Img_1601-1024x690Img_1610-1024x693

2024年2月 6日 (火)

大雪警報の出た日

立春の雪

帯状疱疹ワクチンを受けに行く。
東京でも冬に1回ぐらいは大雪の日があります。立春の次の日、一日中降った雪で、今朝は都市の交通網は大混乱。私とのび太君は病院まで帯状疱疹のワクチンを受けに行かなくてはならなかったので大変でした。長靴を履き厚着をして家を出ました。幸いにバスは動いていてすぐ来たので、予約時間に遅れることもなく病院に着き、事なきを得ました。 旭川にお住いのTさんにメールしたら、「こっちは晴れてもマイナス25度」と返事。想像の付かぬ温度にびっくり。

雪だるま
午後からは小雨もやんだので、「雪と鳥」をテーマにした写真を撮ろうと、マイフィールドを少し散歩しました。やはり鳥は少なくいいショットはありませんでした。しかし雪を踏んで歩く感じは子供のようなワクワク気分です。
Img_1475-1024x683
ツグミ
Img_1538-1024x692
ヒヨドリ、ねぐらへ向かう前の全員集合!
Img_1478-1024x689
アトリ。いよいよマイフィールドにも登場しました。枝かぶりですが2羽いました。
Img_1510-1024x689

2024年2月 4日 (日)

キカラスウリにヒヨドリ

美味しそうに食べてます。
赤くなって、ぶら下がっているカラスウリは目に付きますが、キカラスウリの実は黄色でそれよりだいぶ大きい。ヒヨドリが群がって食べています。
Img_1419-1024x691
Img_1422-1024x691
Img_1412-1024x694Img_1409-1024x691
カラスウリは「カラスぐらいしか食べない」という意味から名付けられたとも言われていますが、キカラスウリは食用としても利用されるらしく、鳥にとってもご馳走なのでしょうか。
カラスウリ
Img_1471-1024x682

ロウバイにコゲラ
黄色と言えば、ロウバイの花。枝の間からコゲラが見えます。なかなか見られないオスの頭脇の赤い部分、今日は見えました。
Img_1440-1024x691
キセキレイ これも黄色。
Img_1447-1024x691_20240205102001

2024年2月 3日 (土)

マラソン大好き!

やったね、かまくら~東村山・完走!

息子が自分の家がある鎌倉から東村山の実家まで走ってきました。60kmくらいの距離のマラソンです。走るのが趣味の彼は今まで、東京マラソン、横浜マラソン、富士マラソン、静岡、岐阜、その他たくさんの大会に参加してきました。100kmマラソン大会に参加した時は一日中走っていたらしい。で、自分の住んでいる鎌倉から我が家まで走ってみたいと言っていたのですが、とうとう実行してしまいました。朝8時ごろ出発して4時半少し過ぎたころ我が家にゴールしました。私とのび太君はお祝いコメントの看板を張って今か今かと待っていたのですが、玄関先に姿が見えた時はよく頑張ったものだとホットしました。彼も完走した達成感に満足して喜んでいるようでした。
Dscf1464-576x800Dscf1467-541x800
その後、友達や親せきなどから「頑張ったね」「すごいね!」とメールが沢山来ました。私は「あまり無理をすると、老後に膝がいたくなるからほどほどに・・・」といつも言っているのですが、本人は「この達成感は何物にも代えがたいからいつまでも走り続けるんだ」と言っています。みんなも続けるようにと後押ししてくれているようですが・・・。

のび太君は風呂を沸かして、すぐ入るよう勧めていました。頑張った息子を誇らしく思い、ねぎらってやろうと思います。

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »