カテゴリー「鳥仲間」の記事

2024年5月11日 (土)

’24年春の飛島探鳥

島の環境に変化の波・・・。
連休明けの1週間飛島に行ってきました。20年近く通い続けている島ですが、年々住民の暮らしも変わっていくようで、廃家や放置された畑の伸び放題の雑草など バードウォッチングをしながら目に写る背景も変化してきています。そうは言っても毎年ここでお会いする何年来のお仲間や、住人の方たちとの出会いは嬉しいものです。私にとっては楽しい時間を過ごせる天国です。

今年の鳥達
今年は雨の日が多く、鳥を探すのに苦戦しました。おまけにGWは日本中が好天続きで、渡り鳥達は旅の途中島に降りて羽をやすめることもなく、いっきに通り過ぎてしまったようです。しかしながら、普段見ている鳥の集約をここでは一気に見られます。また、ここでしか見られない鳥もいます。
マミジロキビタキ
Img_3370-1024x692

 Img_3810-693x466
キビタキ(若)
Img_3925-1024x692
桜の道に・・・。
Img_3471-1024x691
ムギマキ
Img_3684-1024x690
ムギマキ(若)シャクの花
Img_4045-979x661_20240517192001
オジロビタキ(遠くてボケていますが、喉のオレンジは見れました。)
Img_3775-1024x689
オジロビタキ(♀)
Img_3913-1024x696
オオルリ
Img_3442-1024x691 Img_3465-1024x694
(♀)
Img_4031-1024x700
ムクドリとコムクドリ
Img_3386-1024x691
Img_3397-1024x691
サンショウクイ
Img_3935-1024x693
マヒワ
Img_3885-1024x691_20240517075001
グミを飲み込むアカハラ
Img_3801-971x655
イソヒヨドリも食べてます。
Img_4174-683x463
マミチャジナイ
Img_3557-770x527
ヒレンジャク(夕方雨模様キョリ遠く最悪の中、画像で何とか判別)
Img_3438-1024x694
ノジコ(♂)
Img_3955-1024x692
Img_3573-1024x690
ベニヒワ(♀)
Img_3644-697x470 Img_3648-877x594
シマノジコ(やっととらえましたがピンボケ)
Img_3668-758x511
キマユホオジロ
Img_4135-1024x691
Img_4125-827x558
コホウアカ
Img_3515-1013x682
Img_4154-1024x693
コサメビタキ
Img_3863-1024x694
エゾビタキ
Img_3822-1024x694
アカエリヒレアシシギ(夏羽)
Img_3969-1024x691
はにかんでいるようでカワイイ!
Img_3995-945x641
ツバメチドリ
Img_3731-992x668
カンムリカイツブリ
Img_3763-1024x692
雨の降る中、または曇天の空模様、条件の悪い日々にもかかわらず多くの鳥を見ることが出来ました。アオジやカワラヒワ、ツバメ、ホオアカ、ハヤブサ、サンショウクイ、アトリ、ウソ、カシラダカ、ムシクイ類、ヒタキ類 等々。

2024年5月 5日 (日)

5月狭山公園定例探鳥会

緑の気持ち良い季節です。
冬鳥もいなくなり静かになった森はガビチョウのやかましい鳴き声だけが際立ちます。「どんだけいるの?」って感じ!。半面、たちゃん池にアオサギが一羽、静かにたたずみ、いい雰囲気。手前のブッシュの中では密かにカイツブリが浮き巣に座っています。今年も無事育ちますように・・・。森の中では、エナガが木の股にボールのようにひっかけた巣に餌を運ぶ姿も観察されました。こちらも木の葉の陰で密やかに子育て中。キビタキも森にはいるのですが、今日は静か。
アオサギ
Img_3247-1024x692
カイツブリ
Img_3241-983x666
コジュケイ
帰り道コジュケイがけたたましく鳴きだしました。我々のいく手の道の杭に乗っています。この鳥が全身丸見え状態の事はあまりありませんが、一向に逃げる気配がなく我々もどうしたものか戸惑ってしまいました。しかし、たぶん近くに巣でもあって大声を上げて注意をそらせるための行動ではないかともとれました。それで知らんぷりをしてそばを通り越すことにしました。それでも逃げず、口を大きく開けて声を張り上げる様子や、鶏のようなコッコッという鳴き声まで聞かせてくれて、我々にとっては貴重な観察が出来ましたが、さぞ驚いたことでしょう。ごめんなさい。
Img_3310-1024x683 Img_3314-1024x683
多摩湖ではもうコチドリが来ているはずですが、今日はツバメが湖面を飛んでいる姿が観察されました。

2024年5月 3日 (金)

奇妙なくちばしのサギ

クロツラヘラサギ
葛西臨海公園に行きました。
出かけに乗った電車は連休の合間の平日だったため通勤ラッシュに会い、また公園は仕事関係ない人達や学生さんたちでものすごい混みよう。おまけに海に着いた時は満潮で期待していったシギチドリはいないし、カモメ類やアジサシはかなり遠くの方を飛んでいる状態で観察には最悪でした。それでも汐入の池に4羽のクロツラヘラサギを観察できたのはラッキーです。

まるで電気掃除機の吸引ヘッド
Img_3130-1024x461
くちばしの先端はしゃもじのように平たく、少し黄色。 後頭に黄金色の冠羽があり,喉や胸も少し黄金色を帯びていて夏羽に変わっています。目のあたりまでの顔面も黒色で、まさに黒ツラです。
Img_3209-679x458Img_3211-971x655
Img_3228-801x543

2024年4月21日 (日)

キビタキ・アカハラ観察しました。

今年も鳥の入れ替わりのシーズンが始まりました。
このところ、myフィールドの常連だった冬鳥たちはここから姿を消し別の場所に向かって行きます。また、どこからかの渡り途中の鳥達のいくつかは、たまにここに寄って休んで行きます。例年、マヒワ、コムクドリ、カッコウ、センダイムシクイなど見られるますが、気が付かないけど、その他の鳥達もいると思います。
 ここ数日はキビタキの鳴声が聞こえ、早朝の散歩は心躍ります。しかし、声がしても新緑が深くなった木の中にいるとなかなか見つけにくい。声を頼りに探し、やっと、チラッとでも胸の華やかな黄色をとらえた時はとても興奮します。
キビタキ♂
Img_2836-1024x692 Img_3039-1024x693 Img_2814-1024x691
アカハラ
アカハラも渡りのシーズンは良く見かけます。
シロハラを見つけたら側にアカハラもいました。
Img_2793-1024x694
10羽くらいいました。
Img_2796-1024x692
Img_2791-1024x692
ツグミ
ツグミは渡りの前には沢山集結しここで体力をつけてから三々五々と姿を消します。
Img_3054-1024x692
ツグミの撮り納めです。
Img_2759-1024x692 Img_2766-1024x692
Img_2774-1024x691

2024年4月13日 (土)

4月全生園定例探鳥会

花と鳥
桜もそろそろ終わりですが春いっぱい。
Img_2670-1024x692
桜と鳥達です。
Img_2653-1024x693 Img_2694-1024x693
いつもは対象外の雀も撮ってみました。

Img_2686-1024x694_20240422081201
シジュウカラもいいポーズ
Img_2669-1024x691_20240422081201
コゲラ・桜をバックに。
Img_2630-1024x692
アオゲラを見つけました。エッ地面!
Img_2699-1024x692
桜の木に登ってきた!
Img_2710-1024x690_20240422081301
虫見つけたようです。
Img_2708-1024x691

2024年4月 7日 (日)

4月狭山公園定例探鳥会

4月狭山公園定例探鳥会
春爛漫、お天気も気分も良し!
Img_2619-1024x683
ツグミも桜にうずもれて・・・。
Img_2591-1024x692
Img_2593-1024x692
桜とモズ
Img_2586-1024x692
芽吹く木
Img_2609-1024x692
Img_2612-1024x692 Img_2616-1024x690_20240422074201
シメ
Img_2600-803x543
カシラダカ
Img_2589-1024x693
すみれ
Img_2617-1024x691

2024年3月24日 (日)

もう春です。

3月下旬、いろいろな春の花が開花してます。
近年ソメイヨシノの開花が早まっています。地球の気候変動の影響でしょうか。myフィールドの散歩では、もう早咲きの春の花を楽しんでいます。
梅にメジロ
Img_2256-1024x690 Img_2250-1024x691Img_2243-1024x690
花大根(諸葛菜・オオアラセイトウ)の後ろにシロハラがいました。Img_2261-1024x691 Img_2312-1024x690
ヒヨドリも花に嘴を突っ込んでいます。
Img_2271-1024x695 Img_2268-1024x690 Img_2277-1024x691-2
冬鳥はだんだん少なくなってきています。散歩の終わりにルリビタキに会いましたが、これもそろそろここでは見納めになりそうです。
Img_2300-1024x690

2024年3月 3日 (日)

3月狭山公園定例探鳥会

そろそろ春の気配
早朝、今日はお天気がよさそうで、下弦の月がまだ残っています。入口付近の広場ではカシラダカやカワラヒワが芝生に群れています。早咲きの桜がもう満開で、こちらはメジロやヒヨドリが盛んに花の中の蜜を吸っています。
Img_2041-1024x693
Img_2042-1024x692
まずはアオゲラ
頭上の木にやって来て、盛んに虫を探しています。アクロバットに、ひっくり返ったり、木の裏側に回ったり・・・。近いのに良いポーズが撮れません。しばらくして別の木に移った時、真っ赤な頭が鮮明に見えました。
Img_2052-1024x694 Img_2067-1024x692 Img_2072-1024x692 Img_2104-1024x692
アカハラが溝に。
Img_2037-1024x696
アオジは水浴び
Img_2079-1024x693
カシラダカ
Img_2208-1024x691
ルリビタキはいつものエリアに。シロハラに追われます。
Img_2137-1024x693
Img_2199-1016x685
Img_2197-1024x691 
Img_2123-1024x693
 シメ
Img_2220-1024x692
多摩湖ではホシハジロ、オオバンが少し。大群だったカンムリカイツブリは1羽居残り。水鳥はもう旅たってしまったようです。
たちゃん池に、キンクロハジロ、マガモ、カルガモ。
Img_2030-1024x678

2024年2月13日 (火)

今年は暖冬です。

秋ヶ瀬公園
今年の冬は厳しい寒さの日もあるけれど、どちらかと言えば暖冬。そういえば、我が家の庭に置いたバケツの水が凍った日があまりなかったきがする。このところ(2月半ばなのに)4月並みの暖かい日が続いていて、外に出かけたくなる気分。で、秋ヶ瀬公園に行って見ました。
レンジャクのうわさもちらほら・・・。カメラを持った人が、40~50人はウロウロしてました。みんなレンジャクを期待しているのでしょうか?私は森の中を少し歩いてみました。
オオタカ
突然オオタカが飛んで来て、近くの木に止まりました。枝かぶりでしたが・・・。
Img_1708-1024x694
エナガも良く動きます。

Img_1719-1024x695 Img_1716-1024x692
ルリビタキ
Img_1685-1024x692
その他モズ、シメ、コゲラ、カラ類、メジロなど。

2024年2月10日 (土)

マイフィールドの探鳥会。

マイフィールドで定例の探鳥会を再開する。
やっとコロナ前の状態に戻り、みんなで散歩をすることが出来るようになりました。その間に沢山の木が切られ、草もきれいさっぱりに刈り取られて、以前とは違う殺風景なmyフィールドになってしまっています。鳥の隠れる場所がない状態です。心配しながら歩きましたが、うれしいことにビンズイが数羽楓広場で見られましたし、ツグミ、キセキレイ シメ、ジョウビタキなども観察できました。しかしカラスの数が多いのがびっくりです
Img_1587-1024x691
Img_1570-916x625
ジョウビタキ、♀
Img_1575-1024x692_20240213005901
神社のルリビタキ
また同じ場所にやって来ました。神社境内がなわばりのようです。
Img_1651-1024x690
Img_1668-1024x695
シロハラ、頭に白い斑があります。
Img_1629-1024x692
メジロ。とにかく花の蜜が好き!
Img_1601-1024x690Img_1610-1024x693

より以前の記事一覧